賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

賃貸で値下げ交渉をするとき

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
2月から入居するには、1月中に新居を決めることが大事で、余り早く探しても2月より前に家賃が発生することはあなたにとっては好ましくないでしょう。そして、通常気に入った物件を見つけて契約までは約1週間で、契約と同時に家賃が発生します。そして、たとえば1月15日に契約すると、残り16日分の家賃は日割り計算で払うことになり、いま賃貸で借りている方は2重に家賃が発生することになります。そして、家賃6万、敷金1か月、礼金1か月と、家賃6万、敷金1か月、礼金2か月の部屋があるとすると、植えの部屋を1月頭借りても敷金礼金家賃で3か月分、下の部屋を2月頭かりてみると、敷金、礼金、家賃で4か月分、どっちを借りても支払う金額は一緒です。

といったことは礼金の1か月分が安くなると1か月早く借りても同じ計算になり、これがわかっていればじっくり部屋探しができるようになるでしょう。そして1か月の余裕ができます。部屋探しの時期に余裕がある方や家賃や敷金・礼金などが値下げされている、あるいは値下げ交渉しやすい時期を狙ってください。そして4〜5月は3月に入居者が決まらなかった物件や3月後半で引越ししたなど条件のいい部屋が残っている可能性が高いです。

Copyright (C)2018賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.