賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

近頃人気のゼロゼロ賃貸物件は、果たして良い事尽くめなのか

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
近頃賃貸情報サイトを眺めていると、敷金や礼金が0円という物件が数多く掲載されているのに目が行きます。確かにこれから部屋を借りる人間にとっては、支払うお金が少ないに越した事はないので基本的には大歓迎でしょうが、こういった所謂ゼロゼロ物件にも、実は思わぬ落とし穴があったりします。

まずゼロゼロ物件は、家賃を滞納してしまった際の対応が非常に厳しいといった特徴があります。通常の賃貸物件であれば、家賃の支払いが期日までにされなかったからといって、スグに出て行けと言われるような事はまずありませんが、ゼロゼロ物件の場合は次の日には玄関の鍵を交換されてしまい、自分の部屋に自由に出入りできなくされてしまうといった話も、比較的よく聞きます。

ちなみに私も以前、そういったゼロゼロ物件に住んでいた経験があるのですが、退去時に不動産会社側から請求された原状回復費用の額が、最初はナント20万円以上というビックリするような大金だったので、そんな額はとても支払えないと、大いに揉めた経験があります。結局交渉の末、私が5万円ちょっとの費用を支払うという事で話がまとまりましたが、もし頑なに最初の提示額を支払えと言われていたら、一体どうなっていたのだろうと正直今でもゾッとします。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2018賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.