賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

賃貸物件を退去する際に、支払っていた敷金は戻ってくるのか

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
賃貸物件に入居する際に、まず確実に支払う事になる費用の1つに「敷金」があります。なお敷金は一度支払ったら絶対に返してもらえない「礼金」とは違い、退去時に部屋の修繕費用を差し引いた残額が、一応契約者には返してもらえる金額となっています。

しかしながらこの敷金、スンナリと退去者に残額が返還されるというケースは、実際にはまず無いといっても過言ではありません。ちなみに僕も以前住んでいた賃貸マンションを退去する際に、本来であれば敷引きされた残額の7万円が手元に戻ってくる筈だったのですが、結局何だかんだと理由を付けられて1円も手元には戻ってきませんでした。

額がもっと大きければ裁判を起こそうと思うのですが、裁判費用やそれに要する時間などを考えると、流石に7万円を取り戻すためだけでは正直割に合わないので、泣き寝入りするより他ありませんでした。不動産会社側も、おそらくこの程度の僅かな金額では裁判を起こされる心配は無いだろうと、高を括っているようなところもあるので、今後もし新しく賃貸物件を借りる事があったとしても、最初から敷金は1円も返してもらえないお金なんだと思って契約を結ぶつもりです。幸い近頃は敷金も礼金も0円の物件が増えてきているので、そういった部屋が狙い目と言えるでしょう。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2016賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.