賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

賃貸物件を借りる際の初期費用である敷金や礼金

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
賃貸物件に入居する際には、月額の家賃だけを支払えばOKだというわけにはいかないのです。賃貸物件に入居する際には、初期費用というものが必要になります。この初期費用というのは、主に敷金や礼金です。もちろん他にも沢山ありますが、初期費用の中でも大きなウエイトを占めるのがこの敷金と礼金であります。たいていの方は、賃貸物件を借りたいと思っても、敷金や礼金の金額が高いこともあって、中々用意することが難しいのであります。

とはいっても、礼金はともかくとして、敷金に関しては家賃を滞納しなかった場合や部屋を綺麗に使って汚れや破損がなければ、退去する際に戻ってきますので、借主側が損するということはないのです。むしろ、この敷金を最初から取らないような物件もありますが、それは後々、退去する際に部屋の修繕費として請求されることになりますので、敷金に関しては支払っておいた方が無難かと思います。

一方、礼金に関しては大家さんにお礼に対するお金なので、これは無い方がその分だけ初期費用を節約することができます。最近は敷金は必要ですが、礼金は不要といった賃貸物件も増えてきています。礼金がなければ、当然入居する際の初期費用を節約できることになります。ですから、初期費用を節約したい方は、あえて礼金なしの賃貸物件を選択することをオススメします。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2018賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.