賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

賃貸経営の種類について

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
アパート経営とマンション経営の違いは何でしょうか。両者とも同じ賃貸経営の種類ですが、両者では規模も収支も大きく異なります。アパート経営というのは、いわゆる一棟売り物件の賃貸経営のことです。これに対してマンション経営というのは、マンションの一戸だけの賃貸経営といったような、区分所有の物件における賃貸経営です。

マンション経営は、とても気軽に始める投資方法として、近頃では注目が集めています。ワンルームマンションなどへの投資は、資金もかからず、とても始めやすい投資方法であると言えます。運用のしやすさが、マンション経営のメリットです。これに対してアパート経営は、一棟をすべて購入するわけですから、それだけ大きな投資になります。しかしマンション経営のリスクがアパート経営にはありません。すなわちマンションの一戸しか貸し出さないマンション経営は、その一部屋がもし空室になった場合、まったく収入がゼロになってしまい、固定資産税や管理費、またローンの返済などの支出だけがかさんでしまうということにもなりかねません。この点、アパート経営は、確かに投資には勇気のいることかもしれませんが、よりリスクが少なく、マンション経営よりも安定的に収益の見込める賃貸経営なのです。

Copyright (C)2018賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.