賃貸契約時には火災保険への契約が必要

検索フォーム
注目記事
賃貸契約時には火災保険への契約が必要

お気に入りの賃貸住宅を見つけたらまずは申し込みをする

賃貸契約時には火災保険への契約が必要
お気に入りの賃貸住宅が見つかったらば、そのあとにはどんな手続きを踏むと晴れて契約成立ということになるのでしょうか。その流れを確認しておきましょう。まず、気に入った部屋が見つかって、そこに住みたいと思ったら、入居の申込書を不動産会社に提出します。その申し込みの際には、申込金なるお金がかかります。これはいわゆる手付金であり、契約金の一部として扱われます。だいたい家賃の一か月分が相場であり、もしも申し込みをキャンセルした場合には基本的には返ってくるものです。しかし中にはキャンセルしたにもかかわらず返還されない場合もあるので、しっかりと返却されることを確認したうえで、預かり証を受け取ることを忘れないようにしましょう。また申込時に持ち合わせがなかったら、不動産会社に申し出て、相談をした方が良いでしょう。善処してくれるはずです。

申込金を支払ったら、入居のスケジュールを打ち合わせます。引越しはいつになるのか、いつから住み始めるのかを確認します。ところで、家賃というのは契約を締結したその瞬間から発生することが一般的です。つまり契約を締結した一か月後に入居の予定であった場合は、一か月間家賃を無駄に支払うことになってしまいます。申込の段階ではまだ契約ではありませんから、このときにしっかりと契約や入居の期日を確認しておくべきでしょう。

Copyright (C)2018賃貸契約時には火災保険への契約が必要.All rights reserved.